インプラントのサイト

インプラントは今が旬

インプラントの治療方法

インプラントは治療する部分の骨に器具を埋めるという方法ですが、その方法は事前にCTスキャンなどで検査を行って治療スケジュールをたてて行うために安心して進めることができます。実際にインプラントの器具を埋めるという手術は部分的に麻酔を行うという方法でその日のうちに終わり、入院をする必要もありません。事前に検査を行っているためにあとはスケジュールに従って治療を行っていくという方法となり、うまく治療を行うことができます。

インプラントの材料の金属

インプラント(人工歯根)は、歯が抜けた後に人工歯根を埋め込みその上に連結美、さらに歯冠をつける治療の事をいいます。ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、見た目もきれいで、噛む力も取り戻せてとても良い治療です。人工歯根に使われる材料はチタンという金属です。チタンは金属アレルギーが出にくいので、身体に有害作用を起こしにくく、重さも鉄の半分で、強さは鉄より強く、海水屋さんに対しても錆にくい性質を持っています。それ以外にも心臓のペースメーカーや人工関節にも使われている身近な金属なのです。

↑PAGE TOP