インプラントの利用法

インプラントは本当にいいの

安全で丈夫なインプラント

事故や加齢でご自身の歯を無くされた場合、差し歯をすることになります。安価な差し歯だと医療用接着剤でくっつけるだけで耐久性は無く、固いものを食べるだけで抜けてしまう恐れがあり誤飲という危険性もあります。インプラントだと歯茎にボルトを埋め込み義歯を装着するのでとても丈夫で日常生活に支障をきたしません。近年では健康保険も適応されるようになっているので、金銭的な負担も少なく安心して選べる治療法になりました。

インプラントで歯をよみがえらせる

歳をとるにつれて、虫歯が気になるようになりますよね。一度治療した歯が再び虫歯として再発してしまう場合も多いようです。小さな虫歯なら少々削って樹脂を詰めることもできますが、何度も虫歯になってしまった歯は最悪の場合、欠損してしまいます。歯の欠損により顔が老けて見えるだけでなく、周りの歯が虫歯になりやすくなってしまいます。そうした事態を避けるため、インプラントはあります。まさに自分の歯がよみがえったような感覚になるインプラントで、自分に自信を取り戻しましょう。

↑PAGE TOP