インプラントの疑問

インプラントならお任せ

インプラント手術の事前検査

インプラントの治療では事前検査が非常に重要になってきます。手術の当日は既に全ての準備が整いやることもすべて決まっているので当日改めて決定するようなことはありません。事前に撮影したレントゲンや歯科用のCTの画像から、埋め込む人工歯の直径や長さ、埋め込む角度まで綿密にシミュレーションされているからです。そのため、事前検査にはある程度の時間がかけられて治療計が立てられます。このようにしっかりした事前準備によって患者さんが安心して治療を受けられるようになっています。

インプラントの技術は進んでいる

かつては、インプラントといえば、大学病院のような専門技術をもった医療機関でないと扱っておらず、顎の骨の状態や欠損歯数によっては、受けられないということがありました。今、その技術が進んでおり、顎の骨が薄いといわれた人であっても骨移植などを受けることでできるようになりました。また、欠損歯数が多くてもオールオン4やオールオン6などのように限られた数の人工歯根で多くの歯を支えるという方法もできました。以前、相談したときにはインプラントは無理だといわれた方であってもできる可能性があります。

↑PAGE TOP